南国が生んだ沖縄のグルメ

沖縄には、南国独特のグルメがたくさんあります。

中でも代表的なのがそばで、地域によって麺の形状や太さ、とんこつや鰹だし等のスープ、盛り付け方等が異なり、本土のそばのダシに近いようなものからラーメンのようなものまでと特徴的です。

チャンプルーも独自の文化から生まれた家庭料理で、代表的なのがゴーヤですが、キャベツやもやし等、さまざまなものを混ぜ合わすバリエーションがあります。

その他の郷土料理では、豚肉を使った独自料理や本土では見かけない魚の魚介料理やフルーツと多種多彩です。

かつてのアメリカ統治下により食文化の影響を受けた事で、安くてボリュームのあるビーフステーキ、ハンバーガーやピザ、タコス、缶詰のビーフシチュー等が親しまれています。

その影響を受けた事で、タコライスやケチャップ焼きそば等が生まれました。

また、フリットのような衣が分厚い特徴がある天ぷら、炊き込みご飯を詰めて揚げたかまぼこ、ばくだんおにぎり等は、他にない食べ物です。

お菓子では、ちんすこう、紅芋タルト、サーターアンダギー、氷ぜんざい等の独自の気候と素材が生んだ商品が人気です。